サカナ君もビックリ 海鮮料理を味わいつくす

サカナ君もビックリ 海鮮料理を味わいつくす

サカナ君もビックリ 海鮮料理を味わいつくす 寿司に刺身に海鮮丼。エビフライ、うな重、かに鍋まで海産物を使った料理は数え切れないほどあります。華やかな海の幸は大人から子供まで幅広く人気があります。 海外でもSushiはすっかり定着しています。

サカナで起こりやすい苦い体験

しかしながら、サカナを注文してみて「あれ?あまり美味しくない……」と思ったことはありませんか?海産物には予想していたよりもはるかに不味いことが残念ながらあります。 お値段もまちまちで安くて美味しいこともあれば、それなりの値段なのに生臭いこともあります。

世界はサカナでいっぱい

何故こういった事態が生じるのでしょうか。それは食材となるサカナの種類が非常に多く、それぞれ味や食べ頃(旬)の時期が異なるためです。食肉の対象となるのは、 主にはウシ、ブタ、ヒツジ、ニワトリなど数えるほどしかありません。しかし、海産物はというと、その種類は100や200ではとても足りそうにありません。

サカナの世界は奥が深い

同じサカナでも美味しい時期もあれば、微妙な味わいの時期もあります。冬のヒラメは超高級魚ですが、季節が変わり春になると味が薄いだけの白身になってしまいます。 猫も相手にしないくらい美味しくないので、猫またぎなどと言われることもあります。

同じサカナでも美味しい時期もあれば、微妙な味わいの時期もあります。冬のヒラメは超高級魚ですが、季節が変わり春になると味が薄いだけの白身になってしまいます。 猫も相手にしないくらい美味しくないので、猫またぎなどと言われることもあります。

また、ヒラメの刺身と一口に言っても、獲れた季節や養殖されたものなのか、天然のものなのかなどよって全く違う味わいになります。お値段にすると、安居酒屋で一皿400円のものから、 一皿3000円以上するものまで、様々なバリエーションがあります。

さらに、エンガワというからヒラメのものだと思って、注文してみたらヒラメではなくカラスカレイという深海に住んでいる大型カレイだったなんてこともあります。

サカナで大当たりを引くためには

海の幸を売りにした食品店は、回転寿司から高級寿司店、海鮮居酒屋から漁港の近くの飲食店まで様々です。このページでは、シチュエーションに応じて、外れのサカナを引かずに、 美味しい思いをするためのちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

全てのサカナについての知識を頭に入れて、日本全国の様々な店を食べ歩いて実践することができれば理想的ですが、時間もお金も足りません。そこまでしなくても、 ちょっとしたコツさえわかれば、いつも通っている回転寿司でも何倍も美味しい思いをすることができます。

ここでは、飲食店を選ぶ際、またはサカナを注文する際、何に注意しておけばいいのかをご説明しようと思います。

 □ マグロが自慢【すしざんまい】

最新記事

  • 当たりの回転寿司の見分け方

    回転寿司は、大手チェーンから個人店まで様々な経営規模のものがあります。と同時に …

    当たりの回転寿司

  • 回らない寿司屋に初挑戦

    回らない寿司屋というのは要するに普通の寿司屋のことですが、回転寿司よりも確実に …

    回らない寿司屋に初挑戦

  • ご当地じゃないと味わえない

    「漁港や漁村にいけば、新鮮で美味しい魚を食べることができる」これは間違っている …

    ご当地じゃないと!