TOP >> 春夏秋冬の旬を押さえよう >> 秋に食べたいサカナ

秋に食べたいサカナ

秋は味覚の季節です。何を食べても美味しい季節なので当然オサカナも美味しく食べることができます。秋のサカナといえば、国民的な大衆魚のアレですが、他にも美味しい魚はあります。

カワハギの皮を剥いでやろう

カワハギは価格的には普通のサカナです。高すぎることもありませんが、激安でもありません。時にはスーパーでも見かけることもあります。しかし、侮ってはいけません。とんでもなく旨い部位があるからです。

カワハギの名前の由来は「皮剥ぎ」です。頭から皮をバリバリと剥がして食べることからこのような名前がついたとされています。皮を剥いだあと内蔵を取り除きますが、カワハギの場合は要注意です。ある意味では肉よりも貴重な「キモ」が入っているからです。カワハギのキモ、つまり肝臓には栄養が蓄積されていて、その濃厚な味わいはアンコウにも劣りません。

カワハギのキモをポン酢醤油に溶かして、細く切った刺身をちびちび食べると極上の味わいです。カワハギ自体はタンパクな魚なのですが、キモの濃厚さが見事にフォローしてくれます。

サバにも色々あるらしい

サバと一口に言いますが、実は3種類もいます。マサバ、ゴマサバ、タイセイヨウサバ(ノルウェーサバ)です。冷凍の締めサバになっているのは、日本では獲れないタイセイヨウサバであることが多いです。ゴマサバはマサバに似ていますが、味は一段落ちるとされています。

マサバはこの中では最も高級なサカナです。秋から冬にかけて、脂が乗っていて最高の味になります。逆に夏場までは脂がなくてカスカスになっています。マサバの中にもピンからキリまであって、関サバや松輪サバと呼ばれるブランドサバは天然のマダイにも匹敵するほどの高級魚です。これらのブランドサバの特徴は、流れの速い海域で暮らしているために筋肉が発達し、そのため身が締まっていることです。サバの種類も色々ですが、育ちにも色々あるようです。

秋といえば……サンマ!

秋口になるとビールメーカーから「秋味ビール」が一斉に発売されます。新サンマを焼いて、秋味ビールと一緒に頂くのが毎年の楽しみ……というのは私だけでしょうか?やったことがない方は是非やってみて下さい。

新サンマと言いましたが、旧サンマというものはあるのでしょうか?サンマは冷凍保存しても劣化しないサカナなので、実は年中食べることができます。冷凍物でも十分美味しいのですが、お刺身にはできません。次の秋になったら脂の乗ったサンマの刺身も是非試してみてください。