TOP >> 変わった海産物にチャレンジ! >> 尖った頭を持つ深海魚トウジンを食べる!

尖った頭を持つ深海魚トウジンを食べる!

「深海魚」といえば、ユニークな見た目が特徴的な魚を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。魚を見慣れない人からすれば「こんな魚、食べられるの?!」と心配になるようなフォルムのものも多々あります。今回は、そんな深海魚たちの中でも、あまりに尖った頭部が印象的なトウジンをご紹介します。もちろん、このような見た目ですが、食べられる魚ですよ。魚料理を食べ尽くしたいあなたは、ぜひトウジンの料理にチャレンジしてみてくださいね。

トウジンってどんな魚?

トウジンは、水深300~1000mに生息する深海魚です。深海魚の中では、比較的浅いところに住んでいて、体調は70cm前後となります。トウジンといえば、ユニークな見た目が印象的ですね。鋭いトゲのように尖った鼻先と、全体的にナイフのようにスリムな体からは、「食べられる部分はどこにもないのではないか」という印象を受けます。しかし意外にも、トウジンは日本各地の漁場で食用とされているのです。現地以外ではそれほど市場に出回っていない魚ではありますが、味もなかなかで、一定の人気があるようですね。

トウジンは、各地での呼ばれ方がユニークな魚でもあります。まず、「トウジン」という名前は、「唐人」から来ているという説があります。これは、鼻が高い西洋人をイメージしてつけられた名前なのかもしれませんね。また、他にも神奈川県三崎の「ヒゲ」、静岡県沼津の「ゲホウ」、相模湾の「チョッピ」「チョッピー」、三重県尾鷲市の「ネズミ」、小名浜「ツツサビ」、愛知県三谷町の「テンビ」、静岡県川崎町の「モウソウ」のなどの、様々な呼び名があります。見た目が変わっている魚だからこそ、変なあだ名をつけたくなってしまうのでしょうか。ともかく、これほどたくさんの地域で食べられている魚ですから、お味には期待ができそうです。

気になるトウジンのお味は?

トウジンのお肉は、クセのない白身肉です。寒い時期が旬だということですから、「旅のついでに魚料理を!」とお考えの方は、特に冬場に食べるのをオススメします。お刺身を始めとして、煮つけやフライでも美味しく召し上がれます。肝と一緒にして食べると、堂々たる絶品の味わいを楽しめますよ。そのまま身だけでも食べられますが、せっかく貴重な魚を食べるのですから、ぜひとも肝も一緒に味わいたいところです。

お尻が光るレアな魚!?

深海魚と言えば、チョウチンアンコウのように、発光するイメージがありますよね。実は、トウジンも発光器を持っています。しかも、その部位は肛門の前にあると言うのだから、驚きです……! このように、肛門の周辺に発光器を持っている魚は、日本では「オニヒゲ」「ソロイヒゲ」「ミヤコヒゲ」とトウジンの、4種類だけなのだとか。変わった見た目の深海魚ですが、まさかお尻が光るとは、意外ですよね。お尻が光っているトウジンを見る機会はなかなかないでしょうが、トウジンの豆知識として覚えておくと、いつか役に立つ日が来るかもしれません。

今回は、尖った頭を持つ深海魚のトウジンをご紹介しました。食べられるのか不安になるような見た目をしていますが、実は美味しくいただける魚のひとつです。魚料理を食べ尽くしたいあなたは、全国各地の漁村で食べられているトウジンの料理にも、ぜひチャレンジしてみてください。