TOP >> 海鮮を制す者は日本を制す! >> 江戸前の大定番アナゴ

江戸前の大定番アナゴ

江戸前の魚で外せないのがやはりアナゴ。寿司ネタとしても有名ですが、丸ごと一匹豪快に天ぷらにしたりもします。とくに東京湾のアナゴは外海に揉まれていないため身がとてもやわらかく、エサも豊富なことから抜群のうまみを誇っています。そんな江戸前のアナゴの知られざる魅力について知っておきましょう。

おいしいアナゴの見分け方

今も昔もアナゴの本場と言えば江戸前、というのが一般的ですがやはりそのなかにもおいしいアナゴとそこそこのアナゴがいます。スーパーなどで生のアナゴを購入することもあるアナゴですが、おいしいアタリを見分けるコツはあるのでしょうか。

まずアナゴの旬ですが、いちばんおいしいのは夏と言われています。梅雨アナゴや夏アナゴ、という名前もある通り6月から8月にかけてがもっともおいしいとされ、大きく太ったものよりも小ぶりで細めのものの方が余分な脂がなく、あっさり食べられると人気が高いです。

おいしいアナゴの見分け方は、まず強いにおいがしないこと。それに表面にヌメリがあるかどうか。このヌメリは鮮度を見分けるのに非常に重要な要素で、鮮度が落ちていくと同時にヌメリもなくなっていきます。そのため表面を指でかるくさわってみて、ヌメリがあるようなら新鮮な証拠です。また、開いた状態で売っていた場合は血の色が綺麗な赤色をしているかどうか、身が白く、ツヤがあるかどうかで判断がつきます。血の色で判断するのがもっともわかりやすく、鮮やかな薄赤色をしていたら、間違いなく新鮮なおいしいアナゴと言えるでしょう。

アナゴの意外な楽しみ方

アナゴの食べ方と言えばやはり寿司や天ぷらが一般的ですが、意外な食べ方として刺身があります。店内に生簀があるような居酒屋などで提供されており、ほどよく引き締まった身の食感や深いうまみはなかなか他の魚にはない味わいで、一度食べたら忘れられない味なんだとか。フグ刺しのように向こうが透けるほど薄切りにして食べるのがおいしいとされ、もみじおろしやポン酢がよくあうようです。提供する店によっても違うのかもしれませんが丸い皿に並べられたのを見ると、思わずフグ刺しかと間違うほど綺麗な身をしています。

しかしアナゴの血液には微量ながらたんぱく質系の毒が含まれており、血抜きはもちろん、さばいたあとの身もていねいに洗わないといけないため、素人にはなかなか難しい食べ方と言えます。きちんと知識を持った職人がいる店でないと味わえないという点も、知る人ぞ知る隠れたおいしい食べ方と言われる理由なのでしょう。もし足を運んだ居酒屋などで提供していることがあれば、ぜひ試してみてください。

ウナギと比べて手に入りやすく、安価な回転寿司店でも食べられることができるアナゴですが、やはり本場と言われる江戸前のアナゴは一味もふた味も違います。身の柔らかさや抜群のうまみを持っており、さらに寿司ともなれば職人の研ぎ澄まされた技術によって何倍にもおいしく生まれ変わるのです。

アナゴはなんとなく身がパサパサしていて、タレの味しかしない、という人はぜひ江戸前アナゴを扱う店へ足を運んでみてください。今までのアナゴとの違いに驚くと同時に、本当のおいしさに気付くはずです。東京では銀座や日本橋などに名店が数多くありますので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。