TOP >> 変わった海産物にチャレンジ! >> 深海魚を食べてみよう

深海魚を食べてみよう

深海魚 深海魚というとおどろおどろしい姿をしたサカナを思い浮かべてしまいます。そんなもの食べられるのでしょうか?実は深海魚と行っても様々な種類がいます。中には食用になる種類もいます。

アカマンボウはリュウグウノツカイ?

アカマンボウをご存じでしょうか。比較的浅いところまであがってくることもありますが、基本的には深海に棲んでいるサカナです。背びれと胸びれが非常に長い赤いサカナで、ひょうきんなふざけた顔をしています。アカマンボウはマンボウのような体つきをしている赤いサカナなのでアカマンボウと呼ばれていますが実はマンボウの仲間ではありません。リュウグウノツカイに近い種類のサカナです。リュウグウノツカイは深海魚の中でも有名な種類なので図鑑で見たことがある人も多いと思います。

アカマンボウは一般にはあまり流通していませんが、漁港や市場の近くのお店では時々見かけます。肝心のお味はというとなかなか美味しくて、脂が乗っていて濃厚です。一般に出回らない理由は、数が少ないことと鮮度が落ちやすいことらしいです。見つけたら是非注文してみて下さい。

ムツは美味いがバラムツは?

よくスーパーで見かけるムツも立派な深海魚です。大きな目、割けた口に尖った牙、真っ黒な身体……恐ろしい外見ですが深海魚の世界では至って普通のスタイルだったりします。ムツといえば脂が乗っていて、焼き魚にして食べると非常に美味しいサカナです。味噌漬けの切り身をスーパーで見かけることがあるかもしれません。刺身にしても非常に美味しいお魚です。

ところで同じ深海魚のバラムツをご存じでしょうか。ムツよりもさらに脂が乗っているサカナで、気合いの入った食通達に愛好されています。気合いが入ったと書いたのは、このサカナを食べると脂がきつすぎてお腹を下すことがあるからです。あまりお勧めはできませんが、お腹に自信のある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ただし、自己責任でお願いします。

フォアグラより美味しい食べ物とは……?

もうすっかり長寿漫画となった美味しんぼの1巻のエピソードで出てきたのがこのサカナです。フォアグラを賛美する食通達に対して、日本にはもっと美味しいものがあると息巻いて出したのがアンコウの肝、通称アンキモでした。アンキモは酒蒸しにして食べるのが普通ですが、産地に近い場所では刺身で食べられることもあります。

なんといっても最高なのは味噌味をつけたあんこう鍋です。アンコウ自体はタンパクなのでどうしてあんなに美味しくなるのかよくわかりませんが、いくら食べても飽きることがない味わいです。食べ終わった後のおじやも絶品です。むしろ、おじやのほうが美味しいと言ってもいいくらいです。言い忘れましたが、もちろんこのアンコウも深海魚です。