TOP >> 海鮮を制す者は日本を制す! >> 幻のアジ、黄金アジを食べに行こう

幻のアジ、黄金アジを食べに行こう

汚くて釣れる魚はいないというイメージの強い東京湾ですが、最近はとても水質が改善されていて、いわゆる江戸前の魚もどんどん市場に出回ってきています。その中でも人気を集めているのが、黄金アジ。普通のアジと比べて体の色が黄色みを帯びていることからそう呼ばれており、脂の乗りが別格だと人気を集めています。釣り好きの間ではとても有名で、その釣れにくさから幻のアジを呼ばれることもあるのだそうです。

黄金アジの違いはなに?

魚屋などでアジとして販売されているいわゆるマアジと黄金アジはもとは同じ種類のもので、どこに住んでいたかによって体の色も脂の乗りも全く違ってくるのだとか。マアジは回遊魚で、生息できる水温の海域をつねに群れでエサを求めて泳ぎ回っており、全体的に身が引き締まっていて背中が黒く、はっきりと体にしま模様があるのが特徴です。一方黄金アジは湾などエサが豊富な場所にとどまり、他の場所へは移動しないため運動量が少ない分、体も厚みがあって脂の乗りも非常によいのだとか。さらには不思議と黄色っぽい色をしてきて、体のしま模様もあまり目立たなくなってきます。黄金アジは先祖代々ずっとそこに住み続けているものもいれば、うっかり湾に迷い込んでしまった群れが居ついて変化することもあるため、ときにはマアジと黄金アジ両方の特徴を持ったものが釣れることもあるのだそうです。

黄金アジの旬は初夏から秋にかけてと言われていて、同時にマアジもこの時期がいちばんおいしくなります。そのためこの時期の東京湾周辺の食堂などでは黄金アジを使った料理が数多く提供されており、人気の店には連日長蛇の列ができているのだそうです。

東京湾の水質がよくなったことから漁獲量も増えているようで、年々取り扱う飲食店は増えて言っています。最近では都心でも提供している飲食店もあるようですが、やはり黄金アジと言えば千葉が本場。とくに富津市の金谷は黄金アジが多く水揚げされることで有名で、わざわざ遠方から食べにくる人も珍しくないのだそうです。

黄金アジがおいしいお店はココ!

食べると今までのアジのイメージが一変してしまう、とまで言われている黄金アジ。遠方から出もぜひ足を運んでいただきたい店を厳選しました。

さすけ食堂
住所:千葉県富津市金谷2193-5
営業時間:月~金:11:00~18:00 土日・祝:10:0~18:00
定休日:火曜・水曜・木曜 土日臨時休業まれにあり
電話:0439-69-2123

テレビでも数多く取り上げられており、黄金アジを味わうならココ、と言っても過言ではないほどの人気とおいしさを誇る店。この店の名物は黄金アジを使ったアジフライで、今まで食べたものとは比べ物にならないほどおいしいのだそうです。衣はサクサク、身はフワフワ、とてもジューシーでしみ出た脂は甘さを強く感じられます。脂がたっぷり乗っていながらも全くくどくなく、いくらでも食べられるのだとか。またアジ特有のクセが一切ないため、ソースなしでもペロリと食べられるのだそうです。

またこの店は注文を受けてからさばき、丁寧に小骨をとってから揚げるというこだわりよう。そのため普通の飲食店と比べると少し待ち時間は長いかもしれませんが、熟練した地元のご婦人方が総動員で調理に当たっていますので、思いのほか回転は早いようです。ただ、その日仕入れた分がなくなってしまうと早めに閉店をしてしまうため早めに行くのがおすすめです。実際に足を運んだ人の体験談では、早ければ午後2時ぐらいで完売してしまうのではないか、という印象を持つほどの盛況っぷりだったのだとか。

金谷ICから車で1分、浜金谷駅から徒歩12~3分ほどと車でも電車でも行ける好立地ですので、アジフライを食べに行くだけにでも足を運んでいただきたいお店です。

アジにはほかにも関アジなど、色々ブランドがついているものがありますが黄金アジはやはり別格。アジ好きでもそうでなくても、一度食べると驚くこと間違いなしのおいしさです。魚が好き、海鮮料理が好き、という人ならば一生に一度は味わって頂きたい魚のひとつと言えるでしょう。