TOP >> サカナくんに負けないウンチクあれこれ >> 魚で血液をサラサラにしちゃおう!

魚で血液をサラサラにしちゃおう!

魚料理の素晴らしいところは、美味しく味わえるだけでなく、健康にも良いところです。新鮮な魚を毎日の食卓に取り入れれば、血液サラサラで元気になれますよ。今回は、体に優しい魚料理についてご紹介します。ぜひご自宅でお料理して、魚のパワーを全身に溜めていきましょう!

魚に含まれるDHAが血液サラサラのカギ

魚油には、DHA(ドコサヘキサエン酸)という成分が多く含まれています。このDHAには、昨今問題として取り上げられる「生活習慣病」を予防する力があると考えられているのです。血液中に中性脂肪やコレステロールが多くなると、血液がドロドロになり、動脈硬化や高血圧のリスクが高くなってしまいます。DHAには、このように生活習慣病の原因のひとつである中性脂肪やコレステロールの値を、下げる働きがあります。加齢や生活態度などから生活習慣病が気になる方は、魚をたくさん摂取してみてはいかがでしょうか。

DHAを多く含む魚は?

それでは、DHAを多く含む魚には、どんなものがあるでしょうか。もっとも多く含むのは、お寿司屋さんなどでも老若男女を問わず圧倒的な人気を誇る、マグロです。その次にブリ・サバ・サンマ・ウナギ・マイワシ・ニジマス・サケ・アジ・アナゴと続きます。意外と、普段からよく食べるようなポピュラーな魚に、たくさんDHAが含まれているのですね。

魚のDHAをより効率的に摂取する調理法としては、お刺身がもっとも優れています。加熱調理をせずにそのままお刺身として食べるとか、タタキやなめろうにして食べると、栄養を壊さずにそのまま吸収できます。また、栄養分が流れ出てしまわないような、煮込み料理や蒸し料理も有効です。ホイル焼きも美味しくいただけそうですね。逆に、天ぷらのように調理後に油を捨ててしまうような料理では、DHAが流れ出てしまうのでもったいないですよ。

ちなみに、缶詰の魚には意外と多くのDHAが含まれているようです。煮汁がたっぷり入った缶詰は、できることならそのままお料理に入れてしまった方が、DHAを摂取しやすくなります。DHAを多く含む魚を料理するなら、なるべく効率よく栄養を摂れるような方法を選んでください。

その他に意外な効果も……!

血液がサラサラになると、EDの症状の改善にも繋がります。健康に悪い食生活を続けて血液がドロドロになると、血の巡りが悪くなり、結果として勃起不全を引き起こすこともあるそうですよ。「最近、下半身の調子が悪くて……」と心配な方は、魚料理で血液をサラサラにしてみてはいかがでしょうか?

生活習慣を改善しても治る見込みがないのならば、すみやかに男性専門クリニックで医師の診断を受けてください。バイアグラなどのED治療薬を服用すれば、不安だった症状もあっさり改善してしまうかもしれません。どちらにせよ、健康のためには日々の食生活の積み重ねが不可欠です。魚料理を食べて、元気な体を手に入れましょう!

今回は、血液をサラサラにする魚料理をご紹介しました。好きな食べ物を食べて、かつ体も喜んでくれるなら、これ以上に良いことはありません。魚料理を食べ尽くしたいあなたは、ぜひこれからも魚をたくさん食べて、日々の健康にお役立てください。