TOP >> 珍品を食べられる店 >> 郷土で楽しむ魚料理!全国で食べるふるさとの味

郷土で楽しむ魚料理!全国で食べるふるさとの味

日本では懐石や会席、洋風など長い歴史のなかで生まれたいろいろな料理があります。どこに住んでいても、一軒は近場で食べられる店が見つかるはずです。しかし農村漁村が発祥の郷土料理はどこでも食べられるものではありません。

高級料亭で出るものとしてではなく、庶民の生活のなかで生まれたふるさとの味は一般的な和食とは違った、優しい味がします。日々の疲れを癒すためにも、休日を使って全国へ郷土料理めぐりに行ってみてはどうでしょうか。

県民性が味に出る!?本当の郷土料理は発祥の地で食べてこそ!

各地方の一般市民が食べてきた郷土料理は、シンプルな調理法と素朴な味わいが特徴です。また、住んでいる地方による味覚の違いをもっともよく表したものでもあるので、味つけから県民性が色濃く感じられるそうです。

例えばウナギのかば焼きとご飯を混ぜた愛知県の郷土料理「ひつまぶし」は、濃い味を好むという名古屋の人々の性格が感じられる味です。甘辛いミソが好まれる同地域らしく、かば焼きのタレも少し甘さがあるものになっています。

上記のように「県民性が表れる味つけ」であるせいか、同じ料理があっても他県で食べるものは本場で食べるよりも無難な味になっている場合が多いです。つまり、本当の意味で郷土料理が食べたいなら現地にいくしかありません。

東海地方はこってり味、近畿地方は寿司三昧?

郷土料理自体は各県に数多くありますが、今回は魚介類を使ったもののみをピックアップします。まず先に述べた「ひつまぶし」は愛知県の名古屋に端を発するものです。さらに同県には「天むす」というエビ天のおにぎりもあります。

さらに隣接する静岡には「桜えびのかき揚げ」があり、長野県の「おやき」はサンマやイワシを「あん」にしていたこともあるそうです。東海地方のものは総じて、こってりとしたもの、味の濃い料理が多いのが特徴と言えるでしょう。

近畿地方に行きますと滋賀県の「フナ寿司」、大阪府の「箱寿司」、奈良県の「柿の葉寿司」など寿司が多くなっています。三重県には、タレにつけ込んだ赤身の魚とご飯を混ぜて食べる「手こね寿司」というものがあるそうです。

鮮魚を使った料理は南に行くほど増えていく!?

中国地方まできますと、鳥取の「かに汁」や島根の「しじみ汁」、広島の「カキの土手鍋」など魚介類を用いた料理が増えてきます。同地方の県民の味覚に合っているからだけでなく、漁獲量も多少は関係しているのかもしれません。

愛媛など四国地方にいくと、再び「じゃこ天」や「鯛めし」など新鮮な魚を使った料理が増えます。逆に都心のある関東の方に行くと「くさや」や「イワシのごまづけ」など、干しものや漬けものが多くなる傾向にあるようです。

南下するほど鮮魚をそのまま使った料理が多くなるのは暮らし方や気候なども影響しているのかもしれません。興味がある方は、南から北へと向かって全国をめぐってみましょう。地域ごとの独特の滋味が味わえるはずです。