TOP >> 知られざる海外の海鮮料理事情 >> 日本で食べてもおいしい海外の魚介料理って!?

日本で食べてもおいしい海外の魚介料理って!?

和食もいいけれど、彼女や妻を連れて外食する時は洋風のおしゃれな店を選びたいという方もいるでしょう。しかし、日本で食べてもおいしい海外の魚介料理を見つけるには、国外の食文化に関して知識がなければいけません。

異性を喜ばせるため、また自分の好感度をアップさせるためにも、国内でもおいしく食べられる海外の魚介料理について学びましょう。さまざまな料理についてくわしくなれば、いろいろな場で役にたつこと間違いありません。

どこの国で食べられている?海鮮料理のある国と地方を知る

日本で海外の海鮮料理を食べるには、まずどこの国に魚介料理が豊富にあるのかを知っておく必要があります。さらに国はもちろんのこと、どの地方でどのような魚介がとれるのかまで把握しておかなければなりません。

ただ、ヨーロッパでは宗教上の理由や環境の問題により魚介を食べない地域が意外と多く、あったとしてもメニューにのせられるほど豪華なものでないこともあります。ですから覚えるべきものはあまりたくさんはありません。

くわえて、日本であまり有名でない国のものは、あつかっているレストラン自体が存在しないことも多いです。よって知っておくべきものは自然とポピュラーなものになり、以前から知っていたというものも少なくありません。

主菜から副菜まで海の幸がそろっているイタリアン

有名かつ日本でも各地にレストランが存在する、魚介を使ったものが多い料理は2つほどです。まずひとつはパスタやピッツァなどで有名なイタリアンです。アクアパッツアやイカやエビを使ったフリット(フライ)などがあります。

また、パスタもイカスミを使ったものや具材にシーフードを用いたものも多く、たいていの店のメニューで魚介料理を見かけるでしょう。国内ならどこでも多くの海鮮料理がありますが、おすすめはシチリア料理専門のイタリアンです。

地中海のほぼ真ん中に位置するシチリアはカジキ、マグロ、エビなどたくさんの海産物がとれる地域で、魚介料理の本場と言っても過言でありません。またさまざまな民族に支配されてきた歴史から、独特の食文化があります。

日本人の舌に合い、酒のつまみにも最適なスパニッシュ

もうひとつ、イタリアンに負けないほど魚介の豊富なところと言えばスペイン料理です。国のほぼ全域で海産物を用いた料理があり、サケやタラなどを使った料理がランチのメインディッシュにだされることも日常的にあります。

また、シーフードパエリアなど米を使った魚介料理もあるので、日本人の多くが受け入れやすい味であることも魅力です。海の幸がたっぷり入った情熱の国の料理を食べれば、きっと彼女とのデートもいい雰囲気になるでしょう。

アヒージョなどニンニクを用いた料理もあるので、疲労回復や体力増強もでき精がつきます。仕事のせいで近頃疲れてED気味の方でも、スペイン料理を食べればきっと燃え上がるような濃密な一夜を過ごせるはずです。ちなみに、アヒージョは油も多いので、ED治療薬を服用している方は飲むタイミングに気をつけてください。食後すぐに飲んでしまうと効果がかなり薄れてしまうことになります。