TOP >> ご当地で究極のサカナを探そう >> ご当地じゃないと味わえないサカナ

ご当地じゃないと味わえないサカナ

ご当地じゃないと味わえないサカナ 「漁港や漁村にいけば、新鮮で美味しい魚を食べることができる」これは間違っているとも言えるかもしれません。「地方に美味いサカナはなし」などと、 ぱっと聞いた限りではとても信じがたく、失礼なことをいう人もいるほどなのです。

というのは、獲れたサカナは美味しいものから先に、築地などの中央市場に送ってしまうからです。地元で消費するよりも外に高く売らないと商売が成り立たないのです。

だから、よく聞く高級食材が安く食べられるというのは幻想でしかありません。しかし、漁港周辺ならではの美味しいサカナも一部あるのでご紹介します。

生しらす

しらすとは、イワシ類の子供のことを指しています。しらすというと釜ゆでされた白いものをスーパーなどで目にします。 回転寿司やスーパーでも生しらすを目にすることがありますが、これはあまりお勧めできません。

しらすは、網にかかった瞬間から不味くなっていくと言われているくらい鮮度によって味が変わります。釜ゆでにしてしまえば問題ありませんが、 生で食べようと思ったらしらす漁をやっている土地の近くまでいくほうが確実です。

鮮度の良い生しらすは、非常に柔らかい食感でありながら、一匹一匹がプチプチと小気味良い食感をしており、口に含むとはじけるようです。 これは新鮮な生しらす以外では味わえないかもしれません。

 □ 生しらす料理を食べに行こう!

マンボウ

マンボウを知らない人は珍しいように思いますが、食べた事がある人はさらに珍しいと思います。このサカナが何故あまり流通していないのかというと 、鮮度が非常に落ちやすいからです。鮮度が落ちると水っぽくなってしまい、あまり美味しくないそうです。

しかし、漁港付近なら新鮮なものを食べることができます。肝心のお味は淡泊ですっきりとしています。美味しいには美味しいのですが、究極の味とは言えないかもしれません。 しかし話のネタとしてはこれ以上のものはないと思います。見かけたら是非食べてみて下さい。

サザエ

国民的な人気を誇るあのアニメの主人公(?)として有名なサザエですが、漁港付近では安く仕入れることができます。というのも、 サザエというのは日本の暖流域では非常によくいる貝だからです。10個単位でゴロゴロ売っているのでお土産に買って帰って、刺身や壺焼きにしてみてはいかがでしょうか。 生きている状態で売っているので鮮度は抜群です。

漁港の付近では、観光客向けの質の悪い店があることもありますが、美味しい地魚を食べさせてくれるお店もたくさんあります。 ご当地でしか味わえないサカナを探してみてはいかがでしょうか。