TOP >> 変わった海産物にチャレンジ! >> マグロかと思ったら!あなたもアカマンボウを食べているかも?

マグロかと思ったら!あなたもアカマンボウを食べているかも?

「回転寿司で人気のマグロは、実はアカマンボウという代用魚」と話題になっています。安価な魚を使うことで、コストカットをしよう、という話だそうです。しかし、実際のところ、アカマンボウはマグロの代用魚になり得るのでしょうか? 今回は、アカマンボウという魚についてご紹介します。

アカマンボウってどんな魚?

アカマンボウは、見た目がマンボウにそっくりな深海魚です。名前に「マンボウ」とついていますが、実際はマンボウと縁が遠く、リュウグウノツカイの仲間です。たしかに、2m近くある大きなひし形の体型は、マンボウのようにも見えるかもしれませんね。大型の魚で、体重は270kgに達することもあるそうです。とはいえ、尾びれがあることや、水平に発達した胸びれの様子からは、アカマンボウがマンボウとはまったく違う種類であると分かります。

アカマンボウは、世界中に広く生息しています。しかし、その生態はまったく謎に包まれているそうです。人目につかないところに住んでいるために、知られていないのだそうです。味が良く、食用として珍重されている名の通った魚だけに、どうやって暮らしているのか気になってしまいますよね。

マグロの代用魚として有名?!

アカマンボウは、マグロの代用魚となると言われています。そうはいっても、流通量があまりにも少ないために、お寿司屋さんのネタとして出てくる可能性は薄いそうです。今、世界中でマグロの個体数の減少に危機が持たれています。そんな中、マグロによく似た見た目で食べごたえのあるアカマンボウを、「マグロの代用魚として使えないだろうか?」という動きならばあるようです。

真赤なヒレが印象的なアカマンボウ。見慣れない方からしたら、ちょっと奇妙な外見に感じるかもしれませんね。しかし、海の生き物というのは、普段見る機会がそれほどない人からすれば、どれも奇妙に見えるものです。それに加えて“マグロの代用魚”と言われると、誰だって怪しいイメージを抱いてしまいます。アカマンボウ自体は食べても美味しい魚ですから、まずは食べてみて、あなたのお口に合えばお気に入りの魚のレパートリーに追加してみてください。

気になるアカマンボウのお味は?

かなり体格の良いアカマンボウは、ほとんどが現地付近で解体されるようです。派手な見た目をしているため、魚屋さんの店頭で飾りとしての役割を果たすこともあるのだとか……。味は、赤身と白身の中間のような感じです。旨みが強くてクセがない、食べやすい魚とも言われています。生食をはじめとして、フライやムニエルにしても美味しくいただけます。

今回は、アカマンボウについてお伝えしました。マグロの代用魚と呼ばれ、マグロからかけ離れた見た目をしていることから、奇妙な魚のように扱われることが多いアカマンボウ。とはいえ、現実的に言ってお寿司屋さんなどで知らない間にマグロの代用魚としてアカマンボウを食べている可能性は、かなり低いようです……。地元では積極的に食べられている魚でもありますから、あなたもぜひ一度召し上がってみてくださいね。