TOP >> 家庭でできる海鮮料理の数々 >> スペインの味!パエリア

スペインの味!パエリア

見た目が豪華な海鮮料理といえばスペインの伝統料理、パエリアですね。レストランではもちろん、最近では専門のデリバリーも展開されている、日本ならず世界で人気の料理です。さらに最近はスペイン式のバー「バル」も続々と出店されており、スペイン料理は注目の的となっています。

そんなパエリアも自宅で簡単にできる料理のひとつ。わざわざパエリア専用の鍋を用意せずとも、フライパンで十分作ることができます。

パエリアの発祥

パエリアの発祥は米どころとして知られるスペイン東部のバレンシア地方。米と野菜、魚介類や肉を炊き込んだ、スペイン風の炊き込みご飯です。パエリアはバレンシア語で「フライパン」を意味する言葉で、ほかの地方に伝わるうちに調理器具の名前としてではなく、料理名として知られていったことが名前の由来となっています。

パエリアの基本は底が浅く、両側にとっての付いたパエリア鍋でたっぷりの具を炒め、米と水、サフランを入れて炊き上げます。本場バレンシア地方では日本同様、しっかり米の芯まで火を通すのがベストとされていますが地方によってはパスタのアルデンテのごとくあえて芯を残すこともあります。さらにカタルーニャ地方で汁気を多くを残し、鍋底にできる「ソカラ」と呼ばれるおこげをあえて作る地域もあり、地方によって調理法は様々です。

パエリアの作り方

パエリアの作り方は非常にシンプル。簡単に言えば具材を炒めてサフランと水で炊き込むだけです。しかし、一般家庭ではパエリア鍋がないことがほとんどでしょうから、自宅で作る場合は直径の大きいフライパンを使うといいでしょう。

材料は基本は魚介類を使用しますが鶏肉や、スペインではカタツムリが入れられることもあるのだとか。代表的な魚介類はエビ、イカ、アサリ、ムール貝など好みのものを。野菜はニンニク、タマネギ、ブラックオリーブを入れるとより本格的になります。調味料で欠かせないのがサフランと、香りづけの白ワインです。パエリアの味付けは魚介から出るダシと塩コショウのみと非常にシンプル。中にはブイヨンを使用することもありますが、まずはシンプルな味を楽しみましょう。

では作り方です。まずはオリーブオイルで下ごしらえした魚介類を炒め、火が通ったらいったん取り出します。次にそのままのフライパンにみじん切りにしたニンニクとタマネギを入れて炒め、しんなりしたら米を加えてさらに炒めます。このとき米は洗わずそのままのものを使用してください。どうしても気になるという場合はさっと洗う程度にし、しっかり研がないようにしましょう。米を洗った場合は必ずザルにあげておき、表面を乾かすようにしてください。

米が透き通ってきたら白ワインとサフラン、水を加えて煮立たせます。このときスープの味見をして、必要であれば塩コショウで味をととのえてください。ローリエがあれば一緒に入れるとより香りがよくなりますよ。

煮立ったらフタをして中火で5分ほど。最初に炒めておいた魚介類をきれいに並べ、フタをして再び煮立つまで待ちます。煮立ったら弱火にして水分が少なくなるまで12~13分ほど煮ましょう。最後にフタを外して強火にし、余分な水分を一気に飛ばして最後にブラックオリーブを散らせば完成です。好みでレモン汁やタバスコ、塩コショウを加えて頂きます。

おこげが好きな人は最後の水気を飛ばすとき、強火にかける時間を少し長めにするといいです。こげるのが怖いからと、あまりに控えめにし過ぎると逆にべチャッとした仕上がりになってしまいますので、思い切って火にかけるのがコツですよ。

いかがでしたでしょうか。フライパンを使えば、自宅でも簡単に作れそうですね。ホームパーティーやちょっとした集まりのときなどに作って出せば、驚かれること間違いなしです。使う食材を変えればまた違った味わいが楽しめますので、ぜひ色々な食材を組み合わせて試してみてください。