TOP >> 変わった海産物にチャレンジ! >> ニジマスを釣ったら生で食べられる?!

ニジマスを釣ったら生で食べられる?!

ニジマスといえば、サーモンのような濃厚な味わいを楽しめるサケ科の淡水魚です。趣味で釣りをする人にとっては、お馴染の魚かもしれませんね。そんなニジマスを自分で苦労して釣り上げて、お刺身にして食べたら……!

 もともと美味しい魚として知られていますが、それ以上の美味しさを感じられそうです。とはいえ、淡水魚ということもあって、寄生虫などの心配が無いとは言い切れません。今回は、釣り上げたらぜひ生でいただきたいニジマスについてお伝えします。

ニジマスってどんな魚?

ニジマスは、サケ科の淡水魚です。体長は40cm前後ですが、大きなものでは60~120cmに達することもあります。いわゆるマグロやサケほどポピュラーではないかもしれませんが、比較的良く知られた食用魚です。「マス」と言えば、「鱒寿司」でお馴染のサクラマスの印象が強いかもしれませんね。そのせいか、あまり知らない魚だったとしても、抵抗なく食べられるのではないでしょうか。

知らないうちにニジマスを食べているかも?

魚料理を食べ尽くしたい方なら、「ぜひニジマスを食べてみたい!」とお思いになったかもしれません。しかし、実はあなたは知らないうちに、ニジマスを食べている可能性があるのです。

今までに「トラウトサーモン」という名称を聞いたことがないでしょうか? スーパーマーケットの鮮魚売り場で、このように表示されたピンク色の魚を見たことや買ったことがあるなら、それこそが件のニジマスです。養殖されて市場で売られるニジマスには、「トラウトサーモン」という別の名前があります。見た目と味わいが鮭にそっくりな養殖のニジマスは、サーモンの1種として売られているのです。

驚くべきことに、消費者庁から「トラウトサーモン」と表記するようにとのガイドラインが公表される前は、ニジマスが「シャケ」や「サーモン」として流通していたこともありました。とはいえ、ニジマスは食べ物として有害ではありませんし、味も非常に美味しく脂が乗って、実際に価値ある魚です。これまで、「トラウトサーモン」を鮭だと思って食べていた方もいらっしゃるかもしれませんが、美味しければそれほど気にすることはありません。

ニジマスを釣ったら生で食べられる?

脂が乗って非常に美味しいニジマスですが、自然で釣った魚をそのまま生食するのには、やはり寄生虫の心配があります。自分で釣り上げた魚を食べる楽しみを味わいたい気持ちは分かりますが、ここは大事をとって、加熱するなどの対策をしておくに越したことはありません。釣ったばかりの魚は、流通の過程でプロが処理した魚とは事情が違いますから、ご注意ください。ちなみに、ニジマスを加熱調理するなら、塩焼き、フライ、ソテーなどがオススメです。バターの優しい味わいと相性バツグンですから、これを参考に美味しく料理してみましょう。

今回は、ニジマスについてお伝えしました。実は、トラウトサーモンとしてスーパーマーケットに並ぶこともあるニジマス。脂が乗って非常に美味しいですから、魚料理好きとしては絶対にラインナップから外せない魚ですよね。人によっては、知らぬ間にすでに食べたことがある魚かもしれませんが、これを機にぜひニジマスの美味しさを再確認してみてください。