TOP >> 寿司屋を楽しむ作法 >> 回転寿司でのお値打ちネタ

回転寿司でのお値打ちネタ

回転寿司でのお値打ちネタ 回転寿司に行ったとき、どの寿司の原価が高いのだろうかと考えたことはありませんか?たくさん寿司はありますが、 どれを食べれば美味しいのかと迷いながらも適当に注文している内におなかがいっぱいになってしまうこともあります。

ここでは、回転寿司で失敗しない定番のネタとその理由をご紹介します。

しめさば

まず間違いないのがしめさばです。普通のサカナは輸送する間にも鮮度が落ちていってしまうのですが、しめさばは産地付近で酢締めした上で真空パックにしてあるので、 鮮度の問題を気にする必要がありません。

サバの脂質にはDHAやEPAが豊富に含まれていて、脳、神経組織、目などに良いとされています。栄養価の意味でもしめさばはお勧めです。

サーモン

サーモンは基本的に冷凍したものしかありません。それは生のままだと寄生虫がついている可能性があるからです。冷凍すれば確実に死ぬため、 鮭を生食することはありません。冷凍した状態で保存しておけるネタは、在庫を慌てて処分する必要がないため100円寿司とは相性がいいです。

どこへいってもサーモンは安定して美味しいはずです。逆に高級店ではサーモンを置いていないことが多いです。ケイジと呼ばれる高級品もあるにはあるのですが、 基本的には安価なものしかありません。

甘エビ

甘エビとして売られているのはホッコクアカエビという深海性のエビです。名前の通り北国で取れます。網を入れると大量に取れることと、 そのまま冷凍して保存しておけることから仕入れやすいネタと言えます。

そのため、サーモンと同様にどのお店に行っても安定して美味しく食べることができます。

ビントロ

ビントロとはどういうサカナなのかというと、ビンチョウマグロというマグロの仲間です。色がピンクなのでトロのように見えますが、 ホンマグロやメバチマグロの中トロとは全く違う物です。

このビンチョウマグロは、熱帯域に生息している魚で、ツナの缶詰などに加工されて売られることが多かったサカナです。安く入手できる上に、 それなりに脂が乗っているので回転寿司では人気のネタとなっています。

アボガドとマグロ

普通にマグロを注文すると、赤字覚悟のキャンペーンをしている時を除いてがっかりさせられることが多いです。そういう場合は、 アボガトとマグロがセットになっているものを注文してみて下さい。

マグロの美味しさは赤身が持つ濃厚な旨みとまったりとした脂です。しかし、安いマグロには両方ありません。それどころか血の香りがすることもあります。 ところがあら不思議、アボガトと一緒に食べると、臭みも感じなくなり、脂が少なく味気ないのを補ってくれるので大変美味しく頂けます。

マグロに外れはありますが、アボガドの外れは少ないというのがポイントです。

このように100円回転寿司では大当たりを探すよりも、絶対に外れないネタを注文していくことが大切です。

 □ 無添くら寿司