TOP >> 寿司屋を楽しむ作法 >> 当たりの回転寿司の見分け方 入店後

当たりの回転寿司の見分け方 入店後

当たりの回転寿司の見分け方 入店後 回転寿司は、大手チェーンから個人店まで様々な経営規模のものがあります。と同時に、値段設定も様々で全部の皿が100円で統一されている店舗から、 一皿500円以上するものが出てくる店舗もあります。

日常的な家計の範囲内でも楽しめる回転寿司は、我々の暮らしと近いところにあると言ってもいいと思いますが、当たり外れが大きいのもこの回転寿司の特徴です。 ここでは、一皿100円程度の回転寿司に絞って、当たりを引く方法をご紹介しようと思います。

ネタの種類と珍しさ

これは、回転寿司だけではなくサカナを扱う飲食店全般に言えることですが、ネタの種類が多い方が美味しいことが多いです。 いつ訪れても「マグロ、マダイ、サーモン、イクラ」と定番のネタばかりが押されている店よりも、 「サヨリ、クロカジキ、戻り鰹、寒ブリ」などの季節性のあるネタがあるかどうかが重要です。

というのも、サカナには旬があって、美味しい季節が決まっています。良い寿司屋は、その時期に一番美味しいサカナを仕入れてきます。100円の回転寿司では 、仕入れ値の問題もあるので旬でも仕入れることが出来ないものもあるとは思いますが、サカナにこだわりのあるお店なら必ずメニューに入れてくるはずです。

基本的なネタの新鮮さ

さて、美味しそうなネタがありそうだったら一度入店してみましょう。そして、そのお店が美味しいサカナを提供しているお店なのかを判断しなければいけません。 そのためには、まず定番のネタを注文してみましょう。ここではサーモン、マイワシ、マグロを注文してみたとします。

サーモンが美味しくなかったら、そのお店は駄目です。どうにもなりません。サーモンは安価で美味しいネタの代表ですし、安定供給されているネタでもあります。 そのサーモンが美味しくないというのは、ネタの扱いに問題がある可能性があります。

次にマイワシを食べてみましょう。生臭さがなかったら合格です。マイワシは鮮度が落ちやすい魚です。美味しいマイワシが出てきたなら他も期待できます。

最後にマグロです。寿司屋の花形的な存在ですね。マグロは普通に仕入れるととても高いので、100円で出すには無理があります。そのため、何とか100円でも利益が出せるように安かろう、 悪かろうのマグロを仕入れているのか、お店の顔となるマグロは赤字覚悟で良いものを出しているのかを見分けることができます。

血なまぐさくて薄っぺらのマグロが出てきたら外れです。一方、100円とは思えないほど美味しかった場合は、 赤字になることを覚悟で美味しい一皿を提供しようという心意気が感じられます。そういった店舗のほうが良い思いが出来ることが多いです。

このように、ネタの種類や定番ネタの美味しさから、100円回転寿司の当たり外れを判断することができます。

 □ スシロー