TOP >> 変わった海産物にチャレンジ! >> ウネウネの海産物にトライ

ウネウネの海産物にトライ

ウネウネの海産物にトライ 海の生き物は、地上の生きものに比べてはるかに多様です。浅い海から深海まで様々な環境があるため、そこに適応する種類も様々になっていくためです。そんな中、「本当にこんなものが食べられるの?」というような生き物がいます。見た目は結構厳しいものもありますが、ゲテモノ扱いはされていないれっきとした食材です。

ナマコを自分で捌くと……

ナマコはふにゃふにゃした棒状の生き物です。言い方は悪いのですがEDになって戦闘力が失われてしまった男性のアレのように見えます。(読者の方にEDでお悩みの方がいらっしゃったら失礼!でも最近はいい治療薬がありますから、試してみてはいかがでしょう?)

日本ではそれほど高級なイメージはありませんが、中国では高級食材です。日本史の教科書に、江戸時代の老中田沼意次が、重商政策と称してナマコやアワビの干物を中国に輸出したと書いてあるくらいです。当時の日本の主要な輸出産品だったわけですね。

ナマコは、酢の物にして食べるのが一般的です。柔らかくしようと思うとお茶で煮るなどの面倒な手順が必要になりますが、コリコリとした食感を楽しみながら食べる分には、細かく切ってポン酢につけるだけで十分です。磯の香りがほんのりと漂い、お酒が進みます。

時折魚屋さんで生きたなまこが売っていることがありますが、ある程度グロテスク耐性がないと自分で調理するのは難しいかもしれません。包丁を入れた瞬間、プシャーっと身体から水が噴き出してきます。完全にホラー映画の光景です。

東北の人のソウルフード

マボヤは東北の人に強く愛されている食材です。写真を見ると何処をどう食べるのか検討も付かない形をしています。正直言って気持ち悪いです。しかし、プロが捌くと食べやすい形になります。酢の物などにして食べます。肝心のお味はというと、独特な磯の香りがします。人によっては磯臭くて食べられないという人もいるようですが、好きな人はとことん好きになります。といってもそれは鮮度の良いものに限った話です。鮮度が落ちてしまうと途端に不味くなってしまいます。東北以外では美味しいホヤを出す店にはなかなか巡り会えません。

究極のウネウネ?

海産物の世界でもっともウネウネした気味の悪い食べ物と言えば……私が思うにウミソウメンではないでしょうか。これは何のことかというとアメフラシの卵のことです。見た目はかなりキツイです。見ようによってはカラフルなパスタのように見えなくもないのですが……しかし、北陸では珍味として食べる人達もいるそうです。このウミソウメンは、ゲテモノに半歩足を突っ込んでいる食材といえるかもしれません。