TOP >> 変わった海産物にチャレンジ! >> 貝類を極めよ!

貝類を極めよ!

貝類 変わった食材というと語弊があるかもしれませんが、貝類は魚類とは全く違った味わいを持った海産物です。サカナばかりだと飽きてしまうこともあるのですが、貝類をうまく挟むと良いアクセントになってくれます。

焼きハマグリは夏の風物詩

ハマグリはアサリと同じ二枚貝ですが、サイズはずっと大きな貝です。味わいもアサリに比べるとずっとしっかりしています。夏になると海の家では、焼きハマグリを売り出していることがあります。網の上にハマグリを乗っけて炭火で炙り、味付けはバターと醤油のみです。磯の香りが漂う夏の風物といえるかもしれません。

ハマグリはかつて日本中にいたのですが、今では九十九里のある千葉と鹿児島でしか安定して漁獲されなくなってしまいました。砂浜域の環境の悪化に加えて、過去の漁獲量が多すぎたのが原因のようです。今では朝鮮半島や中国沿岸で獲れたものの輸入に頼っています。

チリアワビはアワビの偽物?

貝類の中で圧倒的に高価なのはアワビです。その大きさ、価格、まさしく貝類の王者と言える迫力です。アワビは非常に高価で、サイズにも寄りますが1匹あたり2000円以上することは普通です。最近は韓国で養殖されたものが安価で並んでいることもあります。少し小さめのサイズですが、スーパーなどで1匹500円程度で買うことができます。

ところで、回転寿司にチリアワビという貝があるのを見たことがありませんか?アワビと比べるとはるかに安い値段で食べることができます。実はこれはロコガイと言われる貝で、アワビとは全く違う種類です。食感は似ていますが、噛む度に湧いてくる濃厚な旨みと磯の香りは味わうことはできません。

カキはみんなの大好物

カキは、日本だけではなく世界中で愛されている貝です。日本だけではなくヨーロッパやアメリカでも好んで食べられています。カキと言えば生で食べたくなりますが、ちゃんと処理をしたものを使っていないと、食あたりを起こす危険性があるので注意が必要です。生で食べても美味しいのですが、焼きガキやカキ鍋などの火を通した料理にしても美味しく食べることができます。海外の魚屋では、スモークしたカキをパックしたものをよく見かけました。

カキは栄養価にも優れていて、海のミルクと呼ばれることもあります。特に亜鉛を豊富に含んでいます。亜鉛は精力を維持するのに効果があると言われており、男性にとっては大切な栄養素。EDで悩んでいる方は、ED治療薬で対処療法をするとともに、普段の食事から亜鉛を摂取するように心がけてみてはいかがでしょうか。疲れ気味の時は毎日のメニューにカキを入れてみるのもいいかもしれません。