TOP >> 春夏秋冬の旬を押さえよう >> 夏に食べたいサカナ

夏に食べたいサカナ

暑い夏には、お刺身をつまみながらキンキンに冷えたビールというのもいいものです。夏バテしやすい季節ですから、高タンパク低脂質のサカナを食べるのは健康のためにも効果的です。そして夏バテといえば……あのサカナを忘れてはいけません。

夏の代名詞スズキの洗い

新鮮なスズキの刺身を氷水に浸けて食べる方法を「洗い」と言います。スズキは秋口から冬に産卵期を迎えるため、夏は栄養を蓄えていて美味しい季節です。洗いの最大の特徴はやはりひんやりと冷たいことでしょう。暑い夏にはもってこいの食べ方です。

マゴチの顔と味わいのギャップ

マゴチはカンカンに照っている暑い日に獲れるといいます。夏は産卵期になるため浅場に餌を探しに来ています。そこを捕まえて食べてしまうというわけです。マゴチは非常にいかつい顔をしています。ワニのように砂地の上を這い回り(実際に這うわけではなく泳いでいますが)、シロギスやメゴチなどの小魚を一飲みにしてしまいます。

マゴチは獰猛なハンターであり、強面の魚なのですが、その身は非常に上品な白身です。透き通るような肉厚の刺身からは、あのいかつい顔が想像できません。

シロギスの天ぷらと屋形船

「夏と言えば屋形船で納涼!」という方もいるかもしれません。少々お値段は張りますが、屋形船から眺める夜景や花火は、暑い東京における一粒の清涼剤のようなものです。その屋形船の主力料理と言えば、シロギスの天ぷらです。シロギスは海の女王と言われることもある美しいサカナです。

それほどお値段が高いサカナではありませんが、一匹一匹釣り上げて丁寧に処理したものは高級品でそれなりのお値段がします。シロギスの糸作り(刺身)も美味しいのですが、新鮮なシロギスの天ぷらに勝るものはありません。江戸前の天ぷらネタでは車エビと並んでエース級の食材です。

丑の日といえば?!

そして、夏に怖いものと言えば夏バテです。夏バテ対策として江戸時代から愛好されてきたサカナとは……?そう、ウナギです。ウナギは脂質やビタミンを多く含んでいるため、昔から滋養強壮に良いとされてきました。そして、夏の盛りを迎えた土曜の丑の日にウナギを食べる習慣が生まれました。

そんなウナギも乱獲によって数が減り、次第に超高級魚になりつつあります。このままでは近い将来絶滅するという試算をしている学者もいます。古くから続く日本のウナギ食文化が途切れてしまうのはとても悲しいことです。