TOP >> 寿司屋を楽しむ作法 >> 回らない寿司屋で食べておきたいネタ

回らない寿司屋で食べておきたいネタ

100円回転寿司とは違って、回らない寿司屋では単価の高いネタも食べることができます。もっとも一皿500円以上するものが回っている回転寿司もあります。 回らない寿司屋は、一皿200円から800円くらいの寿司を食べるところだと考えるとわかりやすいと思います。

高級店に行くと冗談みたいな値段の寿司も出てきますが……

さて、ここではせっかく回らない寿司屋に来たのならば食べておきたいお勧めのネタをいくつかご紹介します。

マアジ

アジは100円回転寿司でも並んでいますが、それとは別物と言っても良いほど美味しいので是非食べてみて下さい。マアジには、外洋で漁獲される色が黒いものと 、内湾で漁獲される金色に輝くものの二種類があります。100円で回っているものはまず間違いなく外洋性の黒いものです。

一方で、回らない寿司屋では、必ずとは言い切れませんが地物の金色のアジを食べることができます。金色といっても刺身になってしまえばわからないのですが、 脂の乗りと旨みが段違いです。たかがアジと侮ってはいけません。

口の中でとろけていくアジを噛みしめながら、味がいいから「アジ」と呼ばれているという本当か嘘かわからない説に頷きたくなることは間違いありません。

シマアジ

最も美味しい魚の一つと言ってもいいかもしれません。マアジも非常に美味しいのですが、それを一段進めた味わいです。シャキっとした確かな歯ごたえに、 力強い味わい、そこに上品かつ濃厚な脂が乗っています。

天然物は非常に高価なので、普通の値段では食べることができません。養殖もされていますが、それでもなかなかのお値段がします。しかし、是非とも食べて欲しいサカナの一つです。

秋のサンマ

サンマの塩焼きは年中食べることができますが、刺身はそうはいきません。冷凍してしまうと味が落ちるため、秋の旬の時期しか食べることができません。 こういった季節物は是非食べて置きたいところです。

サンマは北の方で生まれて次第に南下してきますが、北のほうで獲れたもののほうが、身に脂が乗っていて美味しいです。年によっても異なりますが、 秋口に入ったくらいの頃が最も美味しく食べられます。

キンメダイ

高級魚です。このレベルになると回転寿司で回っていることは滅多にありません。回っているとしても300~500円くらいは最低でもするはずです。口当たりがよく、 適度に脂も乗っています。

キンメダイは立派な深海魚です。目が大きいことが特徴ですが、これは光の届かない深海でわずかな光を捉えるために進化したためだと言われています。

回らない寿司屋の一番いいところは、カウンターに座ればサカナにまつわるうんちくや美味しい食べ方などを教えてもらえるところかもしれません。但し、 勧められるままに注文していると、お勘定のときに後悔してしまうかもしれないので注意が必要です。

 □ 銀座 久兵衛(食通の文化人、著名人が訪れる名店)