TOP >> 寿司屋を楽しむ作法 >> 回らない寿司屋に初挑戦

回らない寿司屋に初挑戦

回らない寿司屋というのは要するに普通の寿司屋のことですが、回転寿司よりも確実に高く付くし、いくらかかるのかわからないことから躊躇してしまう人も多いと思います。とはいえ、 値段が高いから美味しくなるというわけではありません。7000円払ってもお味がいまいちなこともあれば、3000円でも幸せの絶頂を迎えることもあります。

良いお店の見分け方は、100円回転寿司や安居酒屋の場合のものを応用できるのでそちらも参照して下さい。さて、問題はお店に入ってからの振る舞いです。

決して見栄を張らない

一番みっともないのは、「ムラサキ(醤油)」のような専門用語を使おうとすることです。確かにムラサキという言葉は使われていたことはあるようですが、 実際に使われることは稀です。下手に専門用語を使うと、どこかのマニュアル本などでにわか勉強してきたということが丸わかりになってしまいます。

サカナについての知識も同様で、知ったかぶりをしないほうがいいです。下手な知識を語るとボロが出てしまうので、むしろ興味があることを質問するくらいのほうが自然です。

一番楽なのはコースの注文

大抵の寿司屋には、「松」「竹」「梅」のような価格帯の異なるコースが設定されています。その中で予算の状況に合うものを選ぶといいです。 例えば「竹」に相当する2500円のコースを頼んだら、ドリンクはビール2杯としたら4000円以内で収まります。

単品で注文するのは非常に楽しいのですが、会計がいくらになるかすぐにわからなくなってしまうし、ついつい食べ過ぎてしまうものなので、 後で予想外の会計になってしまうこともあります。特にサイドメニューやお造り(刺身)の注文は気をつけましょう。高めのサカナだと一皿1500円を超えることもあります。

値段を決めて握ってもらう

コースがない場合には、最初に値段交渉をする方法もあります。2000~5000円程度の予算を設定して「これで握ってもらえますか?」と尋ねると、大抵はやってくれます。 また、食べてみたいネタがあったらリクエストをしてみるのもいいでしょう。

職人にサカナの説明を聞いて楽しみながら食べることが出来るという意味でとてもお勧めの食べ方です。

いずれの食べ方でも言えることですが、ドリンクと突き出しの料金を計算に入れておくことも大切です。高級なネタを大量に注文するようなことがなければ、 普通の居酒屋で食べるのとそれほど変わらない金額で楽しむことができます。