TOP >> 海鮮を制す物は日本を制す >> 場内で美味しいものを探そう

場内で美味しいものを探そう

築地場外市場築地場内市場はプロ専用のマーケットで、基本的には食材になった状態のサカナを仕入れて買える場所です。しかし、数多くのプロが訪れる場所であることもあって、プロ御用達の飲食店も並んでいます。特徴としては狭いスペースに何店舗も並んでいることです。どのお店も個性的で眺めているだけでも飽きません。これらのお店は、もちろん一般の人でも利用することができます。ここでは、場内市場にある飲食店の選び方や楽しみ方をご紹介します。

揚げ物ボンバー

サカナといえば築地、築地と言えばサカナ……のはずなのですが、実はプロ達に人気があるのはサカナのお店ではありません。何故かというとサカナは自分のお店にあるものを食べればいいからです。もちろん商品なので食べるわけにはいきませんが、多く仕入れすぎた場合や在庫が余ってしまった場合には安く買い上げる場合もあるようです。 サカナは食べ飽きるほど食べていることもあり、プロ達が好むのはトンカツなどの揚げ物やカレーだったりします。舌の肥えているプロ達が愛好するお店とあって、その実力は本物です。是非一度試してみて下さい。

やっぱりお寿司が食べたい

しかし、せっかく築地に行ったのだからお寿司を食べたくなるのが人情というものです。そういう方のために、ちゃんとお寿司のお店も並んでいます。こちらは、どちらかというと観光客向けのお店が多いです。お店によっては、外国人向けのガイドブックに載っていることもあって、お昼過ぎまで長蛇の列が出きていることもあります。
行列しているから美味しそうと思う気持ちはわかりますが、長い列の理由はガイドブックに載っているかどうかの差です。繁盛していないように見えるお店でも、場内にあるお店の場合には味はハイレベルであることが多いです。お値段は握りのセットが2000~4500円程度です。高いと思うかもしれませんが、隣の町の銀座で同じものを食べたら3倍以上のお値段がするようなお寿司です。是非、ご賞味あれ。

吉野屋に行くという選択

揚げ物やカレーが食べたいわけではないし、かといってお寿司を食べる予算はないという方には、吉野家の牛丼をお勧めしたいと思います。そう、チェーン牛丼店の吉野屋です。普通のチェーン店と変わらないと思いきや、このお店は吉野家の第一号店なのです。味に違いはないように思いましたが、後々聞いてみると国産の牛肉を使い続けるというこだわりをもっている店舗とのことでした。良い話の種になるのではないでしょうか。